東京に引っ越しされる方へ

住まいの買い換えの問題点

不動産

九州各県より人口が流入している福岡県は、東京圏への人口流出数も多いことが特徴です。毎年多くの方が福岡から東京圏に引っ越しをされており、住まいを買い換える方も多くいらっしゃいます。住まいを買い換える際に問題となるのが、新たに購入する住まいの費用の用立てです。一般的に不動産取引は、数ヶ月間もの時間がかかってしまいます。そのため、現在の住まいをすぐに換金できません。東京圏で新たに住まいを購入しようとしても、購入費用を別に用立てる必要性が出てくるのです。しかし、二重に住宅ローンを抱えることになり、返済費用が重くのしかかってきます。また、そもそも住宅ローンを利用できないことも想定されます。福岡の住まいを売却できなければ、東京圏で新たに住まいを購入することができなくなってしまいます。

買取の3つのメリット

住まいの買い換えの大きな問題点を解決できるのが、不動産買取です。特に現在福岡でマンションにお住まいの方は、マンション買取を利用することで問題を解決することができます。マンション買取とは、一般個人ではなく不動産会社にマンションを購入してもらうことを指します。この不動産会社にマンションを買取ってもらうことで、マンション買取には3つのメリットが生まれます。1つ目のメリットは、非常に速くマンションを換金できることです。通常マンション買取では、数日から数週間で換金することが可能です。2つ目のメリットが、瑕疵担保責任を負う必要がないことです。一般個人にマンションを売却する場合には、瑕疵が見つかった場合には補償する責任が生じます。しかし、不動産会社にマンションを売却する場合には、瑕疵が見つかったとしても補償責任が生じません。3つ目のメリットが、仲介手数料が不要であることです。業者である不動産会社にマンションを売却する場合には、仲介手数料が発生しないのです。